先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー
田村 祥
田村 祥
  • 2013年4月入社
  • 富士見が丘店 勤務
地域になくてはならない薬局にするために、もっと自分を向上させたい!
1
薬学部を卒業する時には、どんな薬剤師を目指そうと思っていましたか?

学生時代に、病院と薬局での実習を経験しましたが、患者様と近い距離の薬剤師になるためには、何よりも まず患者様に好いていただかなければ、信頼関係も築けないなと感じました。

そうしたことから、まずは患者様に好かれる薬剤師になろうと思っていましたし、今も同じ気持ちです。

2
今、薬剤師として働いていて、どんな目標を持っていますか?

患者様からの期待以上の仕事をしていくには、大学時代に習得した知識だけでは到底足りず、もっともっと能力を磨かねばと実感しています。

関連した資格取得も視野に入れているのですが、その資格に裏打ちされた力を是非発揮してみたいです。

また、患者様だけではなく、医師、看護師などの他の医療従事者からも、「薬の専門家」として認知され、頼られる能力を身に付けたいという目標も持っています。まだまだ努力が必要です。

3
国民から薬局に対する厳しい意見も出ていますが、これからの薬剤師はどうあるべきでしょうか?

誰も経験したことがない超高齢化社会の到来に対応できる薬剤師が求められていると思います。

そのためには今まで以上に地域連携に特化し様々な業種の方と専門的な知識を持って対応できる薬剤師が必要です。
病院は病気になった患者様が行くところで、薬局は病院に行く前に病気にならないよう患者様のサポートをする機関として存在していきたいです。そこで薬剤師は健康診断後や退院後に生活指導をして、患者様の様態を改善し、地域や医療従事者と連携していくような環境を作るべきだと思います。

薬剤師を目指している薬学生に応援メッセージをお願いします

学生時代の実習などを通じて、「自分はこんな薬剤師になりたい」という目標を持って欲しいと思います。

それが漠然としたものでいいので決めると、今度はその目標を実現するために、どう動くかがはっきりしてくると思います。

そして次にもっと具体的に、「それは、どのような困難が予想され」「ではどのように克服していくか」を明確にしていったらいいと思います。私もそうしてきました。

目標が明確になれば、自分の好きなことや、したいことができる、ということを楽しんで欲しいです。

田村 祥
PAGE TOP
Copyright © NAGATOMI PHARMACY All Rights Reserved.