先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー
山本 みちる
山本 みちる
  • 2004年4月入社
  • 薬局本部勤務 兼「ASK」「5S」担当係長
薬局が身近で頼れる存在になるには、まず日頃のコミュニケーションから
1
入社してからこれまでのキャリアを教えて下さい。そして今、どんなお仕事を担当されていますか?

入社から3年目でMPリーダーとなり、その後MP主任兼副ブロック長、接遇担当者として現場で勤務を行いその後MP係長に任命され現在は薬局本部(ASK・5S支援担当)として全店へ訪問しスタッフの接遇向上や待合室の環境整備のため店舗への支援を行っています。

2
国民から薬局に対する厳しい意見も出ていますが、これからの薬局はどうあるべきでしょうか?

薬局を利用する患者様にとって薬をもらう以外の付加価値が伝わっていないことがこの現在の状況であると思います。
その1つの要因として、患者様とのコミュニケーション不足が構築を阻む要因であると思います。

コミュニケーションをとり信頼関係が構築されていれば、薬の不安だけでなく健康に関することや、先生に相談出来なかったことなど相談しあえる関係性が築かれていきます。そういった関係性が出来れば、薬だけでなく健康サポートをする提案や患者様の変化にも気づいてあげられるので薬局としての機能を発揮することが出来てくると思います。

これらの時代は様々な部分で機械化が進んでくると思います。しかし、だからこそ人との関わりや、心を支えてくれる存在は貴重なものとなってくると思います。コミュニケーションを含め、専門家としての知識を活かして人との関わりを大切にする薬局が生き残っていくと思います。

3
薬局の接遇は、何が課題なんでしょうか?山本さんの理想の接遇とは、どのようなものでしょうか?

調剤薬局の仕事もサービス業と言われます。
「感じが良い、明るい、丁寧」など、サービスに携わる者として相手に不快な印象を与えないことはもちろん大切なことです。

しかし、感じが良いだけでは患者様をサポートする立場である薬局スタッフが求める接遇とは言えません。私たちが求めているものはサービスの先にある患者様の安心です。

困った時には相談に乗ってあげ、嬉しい時には一緒に喜んであげる。不安な時はそっと気持ちを支えてあげる。
そういった患者様に寄り添い、薬を通じて患者様の心をサポートしているという意識を持って応対することが理想の接遇であると思います。

そのためには、患者様に相談しやすい雰囲気をいつ利用しても感じてもらえるように笑顔で気持ち良い挨拶で患者様をお迎えすることが大切です。

これからのキャリア目標は、どのようなものですか?

弊社は、それぞれの店舗が患者様のためにどういった空間作りをするか?健康をサポートするための情報提供が出来るか?を考えて特色を持った店舗作りに取り組んでいます。店舗のスタッフの取り組みを支援していくのが今の私の仕事です。

患者様の反応を見て、スタッフが工夫した点などに興味を持って頂けているのを見るととても嬉しく思います。
患者様の喜びがスタッフの喜びであり、スタッフの喜びは私の喜びであり仕事のやりがいです。

店舗が今以上に患者様の健康をサポートする場になるように私自身の知識を増やし店舗へ提案して患者様が利用したい薬局・スタッフになるように支援していくことが今の私の目標です。

山本 みちる
PAGE TOP
Copyright © NAGATOMI PHARMACY All Rights Reserved.